みなさん、こんにちは!

まもなく桜の開花とは思えないひんやりした日が続きますね。

体調を崩さないようにくれぐれもご注意ください!

 

さて、今回は脳梗塞の後遺症が残った会員Aさんのリハトレ(リハビリトレーニング)の挑戦の話です。

メビウススタジオには理学療法士のトレーナーが在籍しており、一般の方からダンサーまで、
そして更にケガ病気により身体に障害や後遺症が残ってしまった方々へも
幅広くサポートしています。

 

一昨年の年末に入会されたAさんですが、当初別のトレーニングスタジオでの
トレーニングでなかなか効果が上がらずメビウスにお越しになりました。

当時は動かそうとすると手先や足先が小刻みに震える運動失調の症状が強くみられていました。

ご本人はまだ若く、アウトドアの趣味などもっとアクティブに色々な事にチャレンジしたい!!

なのに身体がうまくいう事を聞いてくれない!!というジレンマの中、トレーニングは開始されました。

お身体は左半身にわずかに麻痺が残り、コントロールが難しい状態でした。

 

まずは・・・

 

①左右の手足の筋力の差をなくしていくこと

②手先、足先をスムーズに動かせるようになること

 

Aさんと話し合い、この2点に目標を定めました。

 

リハビリやトレーニングは、

元の状態に早く戻りたい!!という気持ちと裏腹に

我慢と地道なマンツーマンでのトレーニングの日々が続きます。

最初は本当に変わるだろうか・・・?という想いもあったと思います。

 

そんな中、Aさんは自分自身を、メビウスを信じて頑張りました(今も頑張っていらっしゃいます!)

今では手先や足先の細かい震えはあまり見られなくなり、歩行時のバランスが何よりも変わってきました!

最近のトレーニングではより具体的に、

 

◆履いているスリッパが脱げないように歩きたい

◆階段でつま先が引っかからないように歩きたい

◆趣味のウインドサーフィンでスムーズな重心移動ができるようになりたい

 

・・・など日常生活に直結する目標を立てながらそれぞれのトレーニングに励んでいます。

 

メビウススタジオにはいろいろな目的を持ってたくさんの会員さんがお越しになります。

本当にありがたいことです。

それぞれの会員さんの目的に合わせてスタッフ一同全力で向き合い日々セッションしています。

 

もし病院でのリハビリが終了してしまったけど、まだ十分に改善できていない・・・

ケガや病気で障害や後遺症が残ってしまっているけどもう長年経っているし・・・

などでお悩みの方はぜひ一度お越し下さい!

身体とリハビリの専門家の理学療法士のトレーナーも在籍しているメビウススタジオ

あなたの未来に光が差し込むお手伝いができるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。