最近、特に耳にしたり目に留まることが多くなった「コアトレーニング」。

ところでこの「コア」って何でしょう。

Core(コア):核、芯、中心、核心・・・という意味です。

身体でいうと体幹がこの「コア」にあたります。

このコア(体幹)には明確な定義がありません。指導者,トレーナーによって様々な解釈がされています。

たとえば・・・

①手足頭を除いた部分を「体幹」という場合もあれば、

②肋骨(ろっこつ)の下から骨盤までの骨に守られていない部分を「体幹」という場合などもあります。

 

ここ(メビウス スタジオ)では①に近い

胸郭(肋骨で囲まれた部分)と骨盤と背骨、

  その骨達の中にある内臓とその周りを覆っている筋肉を含む部分』をコアとします。

 

ざっくりとした考え方ですが・・・

 

私たちが生きる為に必要な心臓や肺・胃・・・などの内臓が正常に動いていくには、

これらがあるべき位置に収まっていなければいけません。

 

硬い胸郭だと・・・息を吸っても広がりたい肺も広げられずに取り入れる酸素は少なく、

また、ちょっとした衝撃で肋骨が骨折してしまうこともあります。

猫背だと・・・曲がった背骨により胸郭と骨盤の間で胃や腸などは押し潰されそうになってしまいますよね。

内臓があるべき位置に収まるためには、

酸素を十分に取り入れることができる柔軟性がある胸郭、

前後左右のバランスが取れた歪んでいない背骨、安定した骨盤、

そしてこれらを守る筋肉が必要です。

 

外側(骨や筋肉)も内側(内臓)も含めてコアと考え、それぞれ位置関係(アライメント)を改善する・・・

これこそメビウス スタジオが考えるコアトレーニングです。

スタジオでは、

これらに最適なワークアウト『ピラティス』などでコアトレーニングのアプローチしています。

コアトレーニングのメリットとしては

①アライメント改善(見た目の姿勢や内臓の動きの改善)

②身体の軸が安定し動きがよくなる(アスリートやダンサーの場合はパフォーマンスの向上)

③引き締めの効果(基礎代謝UPや腹圧が高くなることでのウエストのサイズダウンなど)

・・・などもちろん個人差はありますが色々あります。

これらのお話はまた次回したいと思います。