リハビリヨガ

HOME | PROGRAM-PRICE | 自費リハビリ | リハビリヨガ
日曜営業

PROGRAM

/ プログラム

NO1

スタジオでのリハビリヨガ

スタジオでのリハビリヨガ

プログラム内容

1回50分。
リハビリヨガとは、リハビリテーションの専門職である理学療法士、作業療法士がインストラクターとしてヨガレッスンを提供し機能回復・能力向上を目指すオリジナルコースとなります。
自分自身の力で回復していく力を育み、安定した心と体をつくることで、よりよい生活へ導きます。

NO2

出張リハビリヨガ

出張訪問リハビリヨガ

プログラム内容

1回50分。
リハビリ専門職であるスタッフがお家へ伺いヨガレッスンを提供いたします。道具はすべて貸し出しできますので、お家でお気軽に参加いただけるコースになっております。
マットヨガをはじめ、椅子に座ったチェアヨガ、ベッドで寝たままでもできるヨガなど、その方に合わせたスタイルで行います。また、リハビリ専門職であるため、身体の状態を把握したうえで、無理なく的確にサポートしながら実施するため安心してご利用いただけます。

対象となる方・目的

  • 脳卒中後遺症
  • 整形疾患
  • 呼吸器疾患
  • 難病(進行性含む)
  • 脳性麻痺
  • 介護予防
  • がんのケア
  • メンタルケア

 

主なプログラム

  • 健康状態の確認(バイタルサインのチェックなど)
  • コンディショニング
  • 呼吸法
  • 各種ポージング
  • クールダウン
  • 瞑想

FEATURE

/ 疾患別特色

脳梗塞後遺症ヨガ

身体に重度な麻痺が生じている方から軽度の方まで、その方の身体状態に応じたヨガの内容を提供します。一人では難しいポーズもリハビリ専門職のインストラクターがアシストしながらサポートします。


麻痺が生じると身体の様々なバランスが崩れてしまいます。そして、麻痺により手や足を動かす機会が少なくなると筋肉の柔軟性が低下して硬い身体になってしまいます。硬い身体になると呼吸も浅くなり、身体が思うように動かず、常に緊張した状態になることで更に身体が動かしにくくなるという悪循環に陥りやすいです。

ヨガの大きなメリットとしては、呼吸をしっかり行いながらポーズをとることで、柔軟な身体を作り、また繰り返していくことで筋力強化や体幹の安定性が向上し機能改善や能力向上へ繋がりやすくなります。そして、何より大切なことは、ゆっくりでも少しずつ自分の力で身体を動かすことが習慣化することでより効果的に機能・能力改善へと導きます。

 

神経難病に対するヨガ

パーキンソン病に対してもヨガの呼吸法や様々なポーズは身体機能・能力の改善に効果が期待できます。

パーキンソン病にみられる・身体が硬くなる・前かがみの姿勢になりやすい・歩き方が小刻みになりやすいなどの症状に対して、呼吸法を取り入れながら粗大運動を伴うヨガのポーズなどは、筋肉の柔軟性が引き出され各関節の可動性が上がり身体を動かしやすくしてくれます。

身体の症状は様々であるため、その方の状態に合わせて内容を工夫しながらヨガを進めるためより効率よく効果を引き出せます。その他の進行性の疾患に対しても、自分の心と身体と向き合うことで、不安を緩和し自分の身体の変化を少しずう受けて止めていく機会としても有効な時間になります。

 

がんに対するヨガ

抗がん剤治療を受けている方は強い副作用に不安を抱え悩まれている方は多いと思います。対するケアとして自己免疫力を高め副作用を緩和できるような呼吸法や自分と向き合う時間をつくることも大切にしています。また、無理のない範囲での様々なポーズをとることで低下した体力を少しずつ戻していきます。また、術後で体が動きにくくなってしまった身体のケアとしてもヨガは有効とされています。ご自身の心と身体に向き合い、少しでも過ごしやすい毎日へ導くためにヨガをお勧めします。

 

整形疾患に対するヨガ

筋力低下や筋の柔軟性の低下により、体重を支えることが十分にできず関節に負担がかかったり、様々な運動や生活動作の中で生じる外的ストレスをカバーできずに、関節に負担がかかることで何かしらの症状が出現することがあります。

ヨガでは、対象者の姿勢を評価した上で、それぞれに適したポーズのメニューを立案し進めていくので、効率よく筋肉の柔軟性を高め筋力強化を図り、姿勢の歪みを解消しながら機能改善へ繋げます。

 

介護予防に対するヨガ

年齢を重ねるごとに私たちの筋力は少しずつ低下していきます。体を動かすことも大変に感じ始めると、外出や運動の機会もだんだんと減っていき、更に体力や筋力が低下して姿勢も前かがみになりますます動かなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうケースは少なくありません。

そういった身体の変化が、転倒に繋がったり、様々な生活習慣病や整形疾患を患ったりしてしまいます。少しでも元気な身体でいるために日々の運動習慣は必要です。ヨガは無理なく自分のペースで運動ができます。ヨガをすることで硬くなった筋肉・関節を軟らかくしていき、身体が動かしやすくなることで生活の質も向上していきます。

 

メンタルケアに対するヨガ

不安、焦燥感、不眠など生活していて心が安定せず悩まれている方も少なくありません。自分の心と向き合う時間を作ることで客観的に自分を観察する事は、感情をコントロールするうえで大切となります。

また、不安や焦燥感を感じた時にどう対処していくか、少しでも落ち着けるように呼吸法を活用します。ヨガで自分の心(精神)を知る。自分の身体を知る。そうすると、何かトラブルが起きた時や不安が生じたとき、おのずとどうしたらいいのか対処の仕方も見え、更に対処の幅も広げることがてきます。

 

脳性麻痺に対するヨガ

脳性まひにも様々なタイプがありますが、緊張が高くて体を思うように動かせない。呼吸が上手くできないなど様々な悩みがあると思います。

緊張が高い体に対して、リラクゼーション効果があるワークを取り入れて調整していきます。緊張が少しでも解放されることで体が動かしやすくなったり呼吸がしやすくなったりします。

Case

/ ご利用例

NO1

右手麻痺の方の経過

右片麻痺の方4か月経過

約4か月経過

 
右手の重度の麻痺があり、常に指が曲がって緊張が高い状態でした。初期は手と手を合わせても掌が合わさらない状態でしたが、3ヶ月後より手の緊張が和らいでいき5ヶ月程度で掌と掌が合わさるように合掌が出来るようになりました。この時はまだ指は曲がった状態で経過していました。

右片麻痺の方8か月経過

約8か月経過

 
ご自身で合掌してもらうと、指が以前より伸びるようになりました。
こちらがアシストストすれば第2指~5指はまっすぐ伸びた状態で合掌することが出来るようになりました。母指はまだコントロールが難しい状態ですが、少しずつ緊張が抜けやすくなっています。

NO2

整形疾患ご夫婦でのご利用例

出張リハビリヨガ

<ご利用者さまからの言葉>

 
ご夫婦
奥様:86歳 ご主人:89歳
疾患名:頚椎症 腰部脊柱管狭窄症
目標:二人で元気に過ごせるように

年齢を重ねるごとに少しずつ身体の不具合を感じるようになりました。今回、通っている整形外科の先生にも進めてられてヨガをしてみることにしました。
呼吸の仕方など難しく感じることはありますが、少しずつできるポーズも増えて楽しくヨガをしています。
ヨガが終わった後は、身体がすっきりして楽になります。
ヨガを始めてよかったです。

MOVIE

/ 動画

 

訪問ヨガ風景

 

 

チェアヨガ風景

 

 

脳性まひの方のリハビリ

PRICE

/ 料金

はじめに

体験(50分)

5,500円→0円(無料キャンペーン中)

入会金

5,500円→2,750円(半額キャンペーン中)

 
 

各種コース

1回チケット

1回50分:11,000円 (計:11,000円/回)

4回チケット

1回50分:9,900円 (計:39,600円)

8回チケット

1回50分:9,350円 (計:74,800円)

 
 

オプション

鍼灸30分

1回30分:3,300円

※1Fの鍼灸TASUKU治療室にて施術致します

 
※金額はすべて税込価格です。

自費リハビリ体験無料キャンペーン

お得なキャンペーン実施中!

 

体験費用5,500円が今なら0円!
是非、この機会にお申込みください!
 
お申込みは こちら 

自費リハビリセンター「Loop」

 
50分5,500円
→今だけ「0円」キャンペーン中!

INSTRUCTOR

/ インストラクター

自費リハビリヨガインストラクター古藤

古藤 千里(ことう ちさと)

リハビリヨガ担当
資格

・作業療法士(リハビリテーション国家資格)
・呼吸療法認定士
・ナチュラルフードコーディネーター
・キッズ、産後、マタニティヨガインストラクター
 

経歴

・病院、訪問リハビリ業務従事
・青年海外協力隊でベトナムの病院に2年間赴任
 

FACILITY

/ 施設案内

ジム・スタジオ廊下
ジム・スタジオ受付
ピラティススタジオ室内

OTHER

/ 他プログラム

リハビリトレーニング

リハビリピラティス

 

自費リハビリセンター「Loop」

 
50分5,500円
→今だけ「0円」キャンペーン中!